www.shirez.com

ローンの返済で頻繁に使用されてるのがリボといったやり方です。極端な例では一回払いを廃止し、リボ払いのみの企業もあったりします。なぜなら、一括での支払の設定では会社の儲けが芳しくないからでリボにしておいて収益をアップするのがポイントなんです。また借りる側もリボ払いでの支払の設定の方がピンときやすく無理なく支払可能なので便利に思うといった人もいます。反面、こうしたことが却って使用しすぎてしまったというような結果になることがあったりします。それというのも始めてカードローンをしようと思い立ったときはどんな人もけっこう考えるはずだと思います。キャッシングといったものは人からお金を借りるということになりますからよそから借金するというのは心情として嫌われます。ところが、1回でも借入してしまうと、この容易さから判断を緩めてしまい限度額一杯に達するまで現金を借入してしまう人が多いのも事実です。おまけに数回分引き落しがされて、いくらか枠が空いたという際に再び引き出してしまう。それが借金の悪循環となるのです。リボ払いはその性質上ゆっくりとしか元本が縮小していきません。よって、こうした過ちをしてしまうとこの先永遠に支払わなければならないことになりかねません。こうしたことにならないようにするためきちんとそのとき必要な範囲でしか使用しない強靭な考えと、計画的な思考が大事です。こうした場面で気になるのが仮に借入しすぎてしまったら、どうなってしまうかという点ですが、受け取ったカードの上限というものは使用者に与えられた限度額ですからついつい限度一杯に達するまで使ってしまっても、支払いがしっかりとなされていれば、カードが利用できなくなるというようなことはないでしょう。ポイント等が付加されるタイプのものなら利用した金額分のポイント等は付加されていくようになっています。企業にとってみると願ってもないお客様になるのです。しかし支払いが規定回数滞るようでは、信用状況が悪くなってしまいます。最悪カードの停止措置等の処理が加えられてしまうケースもあります。サービスが使用できなくなってももちろん最後まで支払う義務があることに変わりません。

コンテンツメニュー