重ねて税金面からみても両者については基準に違いがあります

外為取引(FX)に関しては取引所取引という取引があります。79-4-52

平常の外為(FX)企業と取引をする行為を「店頭取引」と言うのですがこの取引については取引所を通過させないで売り買いの対象は外為取引会社になるのです。79-1-52

「取引所取引」というのはFX(外国為替証拠金取引)企業はあくまでも橋渡し役であってストレートの商売対象は取引所になるのです。79-8-52

この違いを少し比較していきましょう。79-3-52

第一に「店頭取引」の場面は預けてある証拠金はFX企業に調節されています。79-16-52

一方「取引所取引」の場面、資金は全ての額取引所に預け入れしないとならないと義務になっているのです。ホワイトエッセンス

そうすることにより万が一FX業者が経営の行き詰まりをするというような事態があったとしても、取引所取引は取引所によって証拠金が全ての額防衛してもらうことになっています。79-2-52

場合は外国為替証拠金取引(FX)業者が管制しているため、景況を見て会社破産のつけをに襲われて預金していたお金はガードされないのです。79-6-52

重ねて税金面からみても両者については基準に違いがあります。79-9-52

「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として報酬と累計で申し出をしないといけません。79-20-52

ものの確定申告しないで済む際もあるらしいので、自身に合致するかどうかしっかりとチェックしていただきたいです。

仮にあなたが勤め人で収入2000万円以下給与所得以外の手取りが20万円以下(複数の企業から賃金所得は無いということ)という規定を満たしているのであれば特例という訳で確定申告は必要ありません。

FXのもうけが20万円以上の次第は確定申告しなければいけません。

税金の率は儲けに追随して5パーセントから40パーセントの6つの段階に文節されておりまして、実入りが高ければ高いほど税金も高騰します。

「取引所取引」においては、収益があった折はそれ以外の利益とは別で考えておいて「申告分離課税」の的になります。

税率はすべて20%となりますがもし損が決定したという事なら「取引所取引」の利益としてマイナス分を来年以降に先延ばしするということができます。

上記から見ても、「取引所取引」の方がより安価なタックスになる時というのも大いにあるので照らし合わせて見ていった方が良いと思います。

中でも不慣れな者の方は、JASDAQ株価の浮き沈みや円高に毎日注視して、黒字や欠損分に一喜一憂する事によって、税金を支払わなければならないという事態を忘れたかのようになってしまうこともあるんです。

赤字は困りますが、収入が値上がりすれば税金も増加するので神経を使うのと理解が大事な点ですね。

コンテンツメニュー