利息へ1250円といった感じで割り振るのです

カードローンに関しての返済方法はローン会社によってへだたりがありまして多様な方法が選択されてます。77-15-52

基本的なところでは残高スライド方法やリボ払方法が多く採用されているみたいです。77-14-52

また斯うした多くの人が知っているリボ払いですけれども本当のことを言えば算出方法にはいろんな法というものがあったりするのです。77-10-52

ですからしかような様式に応じて支払総額が異なってしまうわけですので知ることで損することはないと思います。77-2-52

しからば簡便にそれぞれの形式の違いに関してを説明しましょう。77-19-52

ひとつは元金均等払いというもので次は元利均等払いというものです。77-20-52

両者はその名のとおり元本について均分に払っていくという方式と元本と利息を一緒にして一様に払っていく方法です。77-8-52

今回はもし10万円借りたと仮定して、具体的にどんなような算定をしていくのかみてみます。77-6-52

利分を両方とも15%というふうに計算します。77-1-52

それとリボ払に関する支払を1万円として考えます。77-12-52

ともかく元金均等払いです。

こんな時の1回目の支払に関しては1万円へ利率分の1250円を加えた支払となります。

次の支払いに関しては1万円に利子の1125円を足した支払額へとなるのです。

こうして全部で10回で返済を終了させるという様式になります。

他方で元利均等払いとははじめの引き落しについては1万円で元本へ8750円、利息へ1250円といった感じで割り振るのです。

その次の支払に関しては元金が8750円へと減った状態で利子を算定して、1万円から更にまた割り振りをします。

別のことばで言えば元利均等払いのケースでは10回で引き落しが完済しないという算出になるのです。

これだけのギャップで両者がどれほど異なってるのかがたっぷり理解してもらえたことかと思います。

元利均等は元金均等と比肩し顕然ともと金が縮小するのが遅いという欠点というのがあります。

則ち利息を余計に返済するといった状況になるわけです。

一方では、1回の引き落しが些少な金額で済んでしまったというプラスもあったりするのです。

このような支払方法についてのずれによって支払額というのは変わってきたりしますから自分の返済計画に合致する計画を取るようにしてみてください。

コンテンツメニュー

77-3-52 77-13-52 77-11-52 77-17-52 77-9-52